キラキラしたい!現場輝き系アイシャドウ

観劇やらイベントやらコンサートやら、なにかしら現場がある日はいつもよりメイクを少し派手にするという方は多いのではないでしょうか?

普段はできないジャンルのお化粧を楽しんだり、濃いめにしてみたり、いつもはつけないアイテムを追加してみたり…

私もそうです。特にキラキラが大好きなのでここぞとばかりに目元をキラキラさせるのが大好きです。なんかキラキラしてると舞台上からも目立つかなっ?!顔映りとかよいのでは?!と思いましたがよく考えたら終始オペラグラス使うんで意味ないですね。オペラグラスをキラキラにした方がよい。

 

そんなこんなで今回は私のお気に入りキラキラ系アイシャドウを紹介していきます。

私の年齢的に、キラキラだけどあくまで上品なもの、時間が経っても汚らしくならないものを選んだのでどんな方にも合うと思います。

プチプラとデパコス織り交ぜてみました〜〜

それではどうぞ。

 

 プリズムパウダーアイカラー/リンメル

カラー:004

f:id:dosudosu0:20170923111657j:image

公式には「モダンブラウン」とありますがほぼゴールド!ブラウン系ゴールドですかね。

肌に乗せると色味はほとんどでず大粒パールがキラキラします。

光り方は結構派手かな。

パウダーなのになぜかヌルッテカッとした輝きを放つのでお気に入りです。

アイメイクの最後に上まぶたの真ん中に乗せると丸みが出て立体的なまぶたになります。

 

カラー:006

f:id:dosudosu0:20170923111708j:image

多色ラメが伝わりますかね?可愛い〜〜。

肌に乗せると紫の色味はそこまででないので、まぶたのくすみ飛ばしによいのではないかと。

涙袋に入れても透明感が出て白目が綺麗に見えそうです。

これ単品よりかはベースで使うという感じですかね。

 

ファインカラー/エレガンスクルーズ

カラー:S09

f:id:dosudosu0:20170923110930j:image

大人の上品なピンク色。深みがあるので腫れぼったくなりません。

色味はそこまでキツくなく、ほのかな色気が出ます。

写真だとメタリック感がありますが、実際は上品で繊細なキラキラが濡れたようなツヤをだしてくれます。

今思いついたけど涙袋に入れても絶対かわいい!今度やってみます。

 

アクアレルアイズ/エレガンス

f:id:dosudosu0:20170923111226j:image

f:id:dosudosu0:20170923111248j:image

リキッドタイプのアイカラー。チップの先でちょんちょんとまぶたにつけて指で伸ばします。

このカラーはほとんど色は出ませんが、肌色にすごく馴染んでくれるので境界線が悪目立ちしません。

とにかく華やか!派手というより、あくまで華やか。

何層になってるんだ?というくらい奥から手前から何重にもキラキラが輝きます。

自然と目元が立体的に見えますし、光の効果でくすみもぶっ飛ばせます。

これは日常使いには難しいぞ!というくらいキラキラします。私は観劇の時につけます。

エレガンス・エレガンスクルーズのキラキラは濡れたようなツヤと年齢を選ばない上品さが特徴ですね。

 

クレヨンアイカラー/ヴィセ

カラー:BE-1ピンクベージュ

画像なくてごめんなさい。

こちらはクレヨンタイプのアイカラーで、私は涙袋に使います。

涙袋メイク、今も流行ってますか?もう流行ってない?

こちらのカラー、涙袋を白浮きせず自然にライン状にぷくーと目立たせたい方にはすごくよいと思います。

肌馴染みがよいカラーで上品なんですけどかなり涙袋に効き目があります。

キラキラというよりかはパールがぎっしりでそれがライン状に見えるという感じですかね。

時間が経ってもカサカサする感じとかパリパリする感じもありません。しっとり密着してくれて汚くならないのでお気に入りです。

 

ティアーアイライナー/エチュードハウス

カラー:BE101

f:id:dosudosu0:20170923115808j:image

f:id:dosudosu0:20170923115818j:image

公式でみるとこのカラーかなりブロンズっぽいのですが、実際はピンクベージュです。

こちらは今までのあくまで上品系とは少し変わって、結構パワータイプです。

先端は細い筆で、下まつげの生え際に乗せていくと涙袋のふちがキラキラーと目立ちます。威力がすごいぶん、少しテンション高めな顔になるかな。目尻とかも可愛いかも。

筆先がラインに特化してるだけあってかなりしっかりラインが引けます。もしぼかしたいなら他のアイテムの方がよいかな?

イベントとかコンサートとか盛り上がるぞ!って場面にはよいと思います。

時間経過して乾いてくると少しキラキラの威力が落ちるかな〜と思うので、現場直前のお化粧直しの最後につけるとよいのかもしれません。 

 

こんな感じですかね。

いかがでしたか?キラキラだけど上品をテーマに、接近戦にも耐えうる綺麗な仕上がりのものを中心に紹介してみました。

ここぞ!というときのおめかしメイクのお話(特にキラキラ系アイシャドウ)が大好きなので、色んな方からの情報お待ちしております!