オタクには見えない「推しの一瞬の印象」

舞台なりイベントなりコンサートなり、推しがいれば推しをずっと見てる方って多いのではないでしょうか?

私もそうです。舞台上に推しが出てくれば基本目を離さずずーっと見ています。

主役がそれより前にいたり話のメインは違うところで動いていても推しだけを見ている、そんな方ってとっても多いと思います。

 

円盤と違ってずっと自分だけのアングルで推しを見てられるって幸せ!とホクホクした後、こんな経験はありませんか?

 

例えば休憩や終演後にお手洗いに並んだ時の話し声、もしくはツイッター推し関連のワードでサーチしたとき「◯◯場面に出てた△△さんなんかよかった〜滑舌もよいし…」「ダンスで左端の方にいた人分かんないけどキレがあった」「××で叫んでた人気になる〜誰?あのシーン以降見つけられなかったけど(^_^;)」という推しに関する感想。

そ、その人△△さんって言うの!ついでにいうと私の推してる人!あと…そこだけじゃないよ!その前の場面にも出てたよ!ついでに言うとその後にも出てたよ!台詞もあった!もう!私の方がよっぽど見てるから分かってるんだから!

とつい思ったり思わずリプする方多いのではないでしょうか。

ひょっとしたら推してない人に推しのこと適当に語られたくない!とぷんすかしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも待ってください、その方はあなたがなかなか捉えることのできない「推しの一瞬の印象」を語ってくださってるはずです。

オタクって推しの一瞬の印象ってなかなか捉えられないものです。

なぜならずっと途切れず見てるから。

それに過去の記憶も蓄積された上で見てるから。

 

他のものを見てたのにパッと瞬間的にある人に目に止めたときの印象って、すごく貴重です。

人の印象って一瞬で決まりますから。

 

限られた短い時間しか見てない人に推しのこと語られたくない、長い時間見てる私の方がよっぽど分かってる、と思う方は多いと思いますが、限られた短い時間にこそ推しが凝縮されてる、とも考えられませんか?

何気ない一瞬にこそ推しが現れてる。

 

私はそう考えるようになってから、一瞬見てくれた方の感想ってすごく貴重だなぁと思うようになりました。

長く見てる方の意見や感想ももちろん貴重です。以前から続けて見てるからこそ分かる成長や変化はあります。

ただ今日一公演だけ観た方の推しになんの思い入れもない方の素朴な感想、意見もすごく大切です。

どうしても内側にのめりこんだり勝手に推しの心情まで慮ってしまう私からすると、すごくフラットにこういう印象だね、と語ってくれる方は貴重だしもっと増えてほしい!と思います。

 

だからみなさんも自分の推しじゃないから言いづらい、なんて思わずに自分で足を運んだ現場の感想は推しに関わらず呟いたり書き込んだりしてほしいなあ…なんて思います。

要するにもっと推してる推してないにかかわらず感想を言いやすい世界になりますように!という個人的な願いでした。